カナダの医療業界で働く 看護助手(Acute Care Aide)

カナダの医療業界で働く 編 第2弾

看護助手(Acute Care Aide)として就労条件の優れたカナダで活躍してみませんか?

前回ブログ、日本での経験を活かしカナダで看護師として働く編に続き、今回は日本の介護職経験者の方(こちらのブログもチェック!)医療業界での経験のない方・キャリアチェンジをお考えの方や、カナダでの移民を目指す方へおススメできる職業、看護助手(Acute Care Aide)有給インターンシップ付きディプロマプログラム(64週)のご紹介です。

Acute Care Aide (看護助手)

医療・看護の現場で看護師のサポートをする仕事。カナダの看護助手は日本と同様、基本的に医療行為を行いませんが、病院や介護施設等に勤務し、入院している患者の食事の世話や入浴の介助などの身の回りの世話のほか、患者の家族への連絡、診療の際の誘導、備品管理など病院内の雑務を担当します。

6be596645037dfe6a3e73a89519f5c12_m

需要の高い仕事として注目度上昇中!

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の失業率変遷予測

2010年 2015年 2020年
4.3% 3.1% 2.0%

2010年~2020年の求人数予測:24,100

参照元

以上の予測に加え、現在の医療従事者の退職により、看護助手(Acute Care Aide)を含めた医療業界の仕事の需要度はこれからもますます高まると予測されており、知識・技術・経験豊富な人材が必要とされています。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_m

医療業界経験不問&入学必須英語レベル低め!

前回ご紹介したカナダ・ブリティッシュコロンビア州で看護師になる方法の中で必須条件として

  1. 日本での看護師としての経験
  2. 高い英語力

が挙げられています。

しかし看護助手(Acute Care Aide)プログラムに同職経験や高い英語力は必要ありません!

  1. IELTS Academic/General 6.0以上

を満たしていれば入学可能です。日本人の平均IELTSスコア4.0~5.0から6.0へのスコアアップは6ヶ月~1年ほど。看護師に求められるIELTSスコアほど難しくなく、十分到達可能な範囲です。(もちろん頑張り次第です!)

看護助手(Acute Care Aide)有給インターンシップ付きディプロマプログラム(64週)

プログラム内容は大きく3つのパートに分かれています。

パート1:ヘルスケアアシスタント訓練

  • 777時間BC州ヘルスケアアシスタントカリキュラム(31週)
  • グループ臨床
  • 研修

 パート2:有給インターンシップ

  • 600時間のBC州認定医療保健機関にて有給インターンシップ(23週)

※600時間とはBC州医療保険協会が定める、公共施設における講義・実習の最低実習時間です。

※学校から実習先紹介、実習自体はモニタリング形式で毎月試験監督・上司・生徒とでミーティングを行います。

インターンシップ中の 給与は?

  • 600 時間x (時給$15~$22.80) = CAD $9,000 ~ CAD $13,680

プログラムの学費は?

  •  CAD $16,008(他教材費等必要です)

つまり有給の実習によって学費の大半が返ってくるんですね!

パート3:看護助手訓練+最終試験

  • 必須条件:最低600時間の実習経験があること
  • 120時間の講義+実習(10週)
  • 学校からの実習先紹介( Neuroscience & Medicine Acute Care Ward, Vancouver General Hospital 等)

918434c4e977179f647c6477670f471c_m

お申込みやご質問等はお問い合わせください!

 

3 replies

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] 日本での看護師や介護士経験のある方 カナダで一からスキルを身につけて移民につなげたい方へ!大好評の前回ブログの看護助手プログラム続編です。 […]

  2. […] 留学生の多くが「カナダで日本の経験を活かして働くことが出来たらいいな…」と考えカナダでのキャリアを模索していることかと思います。以前ブログにあげた、日本での看護師さんや介護士さんにオススメの留学プランに加え、日本の保育士さんも経験を活かすチャンスです。カナダでも保育士を始めとしたEarly Childhood Education(幼児教育)の重要性が高くみなされており、しっかり保育士としての教育を受けた有能な人材が求められています。 […]

  3. […] プログラム詳細はこちらのブログへ […]

Comments are closed.