カナダで仕事!①探し方のコツ教えます!

「仕事の探し方」教えます!

「カナダで働いてみたい!」、「経験を積んでキャリアアップしたい!」
そう思ってカナダに来た方、これから来る予定の方、たくさんいると思います。ワーキングホリデーなどの就労できるビザならばすぐに働けますし、学費や旅行の費用を稼げるわけですから、働いた方がいいですよね!けど、

「どうやって探すの?」、「仕事見つかるかどうか不安…」という方もいると思います。

実は先日、私の行ってる学校の授業で「仕事の探し方」「履歴書のコツ」「面接のコツ」を受けましたので、

それをぜひお伝えしたい思います!

 

まず、仕事ゲットまでの全体の流れですが、

1.履歴書(resume)を提出

→日本では、レジュメといえば大学とかで出すレポートの意味ですが、こちらでは「履歴書」という意味です。

→CV(Curriculum Vitae)とも呼びます。

提出方法は大きく分けて、

  • 直接店舗で手渡し
  • Eメールで提出

となります。

2.面接(Interview)を受ける

→その場で採用される場合もありますし、後日メールや電話でお知らせする場合もあります。

3.採用

→仕事ゲット!初日の持ち物の確認や、SINナンバーをお伝えしましょう。

SINナンバーとは、Social Insurance Numberの略で、社会保険番号といえばいいでしょうか?働くためには必ず必要になります。取得は無料でできますが、カード発行まで1,2週間かかりますので、早めに取得しましょう。

簡単に言えば、

探す→履歴書出す→面接いく→採用

と、まぁ日本とあまり変わらないですね。

あえて違いを言うなら、レジュメの「直接店舗で手渡し」が日本より多い気がします。(特に飲食店)

アポイントもなく直接店舗に行くってあまり日本ではしませんよね?

カナダでは非常に一般的です。

meeting-2

それでは、探し方ですが、

1.新聞やフリーペーパー

→日本と同じですが、こうゆう紙媒体に求人情報が載ってます。

2.会社のウェブサイト

→各会社の”Career”などのページに載ってます。

3.クラシファイドと呼ばれるサイト

→物の売り買いや仕事探しもできるサイト。“craigslist”が最も有名です。BC州版はこちらhttp://vancouver.craigslist.ca/

※但し、こちらのサイトは無料で匿名で誰でも掲載出来ますし、情報がアップデートされてない可能性もありますので、

本当にその求人があるのかどうか、ちゃんとした会社かどうか確認してからメールを送るようにしましょう。

4.求人専門サイト

workpolis.com:http://www.workopolis.com/

monster.com:http://www.monster.ca/

などがあります。

5.職業紹介、派遣会社(Employment Agency)に登録

Employment Agencyとググるといっぱい出てきます。

※ 但し、登録にお金がかかるところは止めといた方がいいです。

そもそも紹介できれば会社からお金を頂くという形なので、スタッフからお金を取る必要はないはずです。

6.街中歩き回る

→最も体力のいる探し方ですが(笑)、

“NOW HIRING”“HELP WANTED””PLEASE DROP YOUR RESUME”

というポスターがある所は求人中という意味ですので、そのままレジュメを渡すことができます。

あと、お店の雰囲気も実際に見れますので、おススメです。

あまり忙しくなく、かつ店長さんなど責任者がいる時間帯を狙いましょう!例)ランチタイム後や、夕方ピーク前など

責任者がいなくてもレジュメをおいて帰りましょう。

上手くいけば、その場で面接までいけます!

いかがでしたか?

次回は、「カナダで仕事!レジュメの書き方教えます!」を掲載予定です!

仕事探すときに役に立てば幸いです!!

関連ブログはこちらから!

履歴書のコツ

面接のコツ

 

uvanu apple agent vancouver katsushiこの記事は私が書きました!

Katsushi Hamasaki

 Katsushiが書いた他のブログはこちら!

Katsushiのブログ

2 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です