• 年齢

    制限なし

  • 定員

    制限なし

  • 申請料

    $150 CAD

Co-op(コープ)プログラムとは、指定校において、インターンシップ(有給/無給)がその修了要件の一部となっているコースを履修する学生のみが申請できるプログラムです。

ビジネスマネジメントやホスピタリティ(ホテルやサービス業)、保育士などの専門学校のプログラムの中には、プログラムの一貫として就労経験が必須となっているものがあります。つまり、「勉強した内容をさらに実践的にさせるために実務を経験する」、というコンセプトです。分かりやすく言えば、

  1. 【資格やディプロマなどを取るには実務経験が必要】
  2. 【しかし学生ビザでは働けない】
  3. 【それではその為に就労ビザを取れるようにしよう!】

という流れです。

その為、就労ビザの雇用主名の欄に学校名が表記されます。つまり本当に企業に雇用される訳ではなく、学校の管理下で、「就労経験というプログラムの一部を受ける」という理解です。

ちなみに、2014年6月以降のルール変更では、

  • 「コープの就労ビザについては、指定校において、コープがその修了要件の一部となっているコースを履修する学生のみが申請できる」
  • 「指定校において、修了後に学位、ディプロマ、サーティフィケートを発行される6カ月以上のプログラムを履修する学生ビザ保有者は、在学中最大20時間のパートタイム(学校の休暇中はフルタイム)の就労を許可される」

となっております。

すなわち、指定校(すべての学校ではありません)であれば、6か月以上のコースに申し込み、学生ビザが承認された時点で、「週20時間」の就労が可能になり、ワークビザ承認後フルタイムで働けるわけです。

学校情報

弊社で取り扱っている学校はコチラ

弊社では、語学学校や専門学校、カレッジや大学など、カナダ全土、またはアメリカなど世界中にある学校を幅広くご紹介しております。ぜひ、学校情報をご覧頂き、詳細が欲しい場合、メールにてお問い合わせください。

さらに情報が欲しい方は、メールにてお問い合わせください。